アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」
Language: ja
Pages:
Authors: 前野 雅弥, 富山 篤
Categories: Biography & Autobiography
Type: BOOK - Published: 2020-05-29 - Publisher: President Inc
【内容紹介】 リーマン・ショックで地獄に堕ちた男はアジアで再起のチャンスをいかに掴んだのか? バブル期以降の不動産投資市場で頂点を極めた男・宗吉敏彦。 リーマン・ショックで破綻に追い込まれるも、成長著しいアジアで奇跡の復活を果たす。宗吉とともに躍進するアジア不動産市場の潜在力、今後の可能性を探る。 【目次抜粋】 第1部 不動産ビジネスの醍醐味はアジアにこそある(前野雅弥) プロローグ 「拝啓 シンガポールより宗吉です」 1 ベトナム──最良のパートナーとタッグを組む 2 カンボジア──成長スピードは東南アジア随一 3 ラオス──英国投資家も注目するポテンシャル 4 タイ──時代の変わり目に大きなチャンスが 5 インドネシア──計り知れない市場の潜在力 6 バングラデシュ──小さくとも魅力に溢れた親日国 7 エピローグ──稲盛や孫に匹敵する男、宗吉敏彦 第2部 アジア・マーケット点描(富山篤) 付録 新興国の経済成長と日本の高度経済成長期との比較
田中角栄のふろしき 首相秘書官の証言
Language: ja
Pages: 248
Authors: 前野雅弥
Categories: Political Science
Type: BOOK - Published: 2019-08-09 - Publisher: 日経BP
昭和を代表する政治家、田中角栄。庶民派として、いまも根強い人気を誇る宰相は、この国をどこへ導こうとしていたのか。首相秘書官として間近に仕えた人物の証言をもとにした日経産業新聞の好評連載「田中角栄のふろしき」を大幅加筆のうえ、書籍化。 人たらし、人間ブルドーザー、闇将軍など、その人となりを描いた作品は数多あるが、政治家・政策家としての角栄の本質を描いた作品は極めて少ない。 本書は、エネルギー立国により日本を真の意味で独立させようとした角栄の真意、外交の真髄を多くのエピソードから描出する。この国の行方を真剣に考えた政治家の知られざる素顔を浮き彫りにする。骨太の人物ノンフィクションである。
イタリア語のABC
Language: ja
Pages: 273
Authors: 長神悟
Categories: Political Science
Type: BOOK - Published: 2018-08 - Publisher:
イタリア語のロングセラーが新しくなりました。わかりやすく詳しい解説。重要単語を用いた例文。文法がしっかり身につく練習問題。一通り学んだあとで頭の整理をしたい人におすすめの1冊。
不動産投資市場の研究 
Language: ja
Pages: 623
Authors: 金 惺潤
Categories: Business & Economics
Type: BOOK - Published: 2013-03-21 - Publisher: 東洋経済新報社
バブル崩壊からの不動産投資市場の動向、法制度・市場整備の進展、そして、各種プレーヤーの投資行動について綿密にレビュー。
3シェイク
Language: ja
Pages: 206
Authors: 秀香穂里
Categories: Business & Economics
Type: BOOK - Published: 2008-04-01 - Publisher:
「俺かあいつか、どっちかにしときゃよかったって、たっぷりと後悔させてやるよ...」ロスタ・プロダクションの敏腕マネージャー、岡崎遼一は事務所の新人、幸村京を売り出すため、人気監督の佐野のもとを訪れる。しかし、幸村を起用する代わりに佐野が出してきた条件は、岡崎の「奉仕」という、とんでもないものだった。動揺する岡崎とは反対に幸村は激怒し、映画には出ないと言い出した。幸村もまた、岡崎を自分のものにしたいと思っていたのだ。美貌の俳優と、高慢な監督の巧みな罠に絡め取られ、岡崎は―...。誰にも知られてはいけない大人のシークレットラブ。
実践の場における経営理念の浸透
Language: ja
Pages: 336
Authors: 柴田仁夫
Categories: Business & Economics
Type: BOOK - Published: 2017-02 - Publisher:
Books about 実践の場における経営理念の浸透
2025年東京不動産大暴落
Language: ja
Pages: 221
Authors: 榊淳司
Categories: Business & Economics
Type: BOOK - Published: 2017-06 - Publisher:
東京五輪を目前に、東京の不動産市場は局地的にバブル化している。しかし、五輪終了5年後の2025年、団塊世代がすべて後期高齢者になり、東京都の人口は減少し始める。にもかかわらず、東京では毎年多くの新築住宅が供給されている。超高齢化の進んだ地方はすでに、タダでももらい手がない不動産で溢れかえっている。2025年、いま地方で起きている不動産暴落の現実が、東京にも襲いかかる。暴落はどこで起こるのか?暴落を回避するにはどうしたらよいのか?不動産バブルのしくみから、大暴落までのシナリオを大胆予想する。
たとえば、謙虚に愚直なことを継続するという習慣
Language: ja
Pages: 224
Authors: 杉本宏之
Categories: Self-Help
Type: BOOK - Published: 2021-08-01 - Publisher: 扶桑社
コロナ禍で過去最高利益を達成し、全社員の給料を上げた理由とは? ブレない → だから、未来は変えられる! 藤田晋氏 推薦! 【二度と失敗しないための18の「行動指針」】 ◎日頃から倹約を心がければ経費削減など必要ない ◎分からない事を分かるふりをする事は最も愚行である ◎収入を生まない物は資産ではなく無駄な荷物である ◎中長期的な視野に立ち、人を育てる事は資産管理よりも重要である ◎リーマンショックを忘れるな。実力以上の借金が身を滅ぼす ◎成功者にとって謙虚さと感謝が最も大事な想いである ◎悔しいなら圧倒的な努力をせよ……etc. 【本書より】 私の再起を支えてくれたのが、この本で語ろうとしている「言葉」です。この言葉たちは、私が20代で最初に起業した『エスグラント』が経営破綻して、自分自身も自己破産した直後から、再び立ち上がるまでの間、人生のどん底であえぎながら考え続けてたどり着いた「二度と失敗しないための信条」です。 我ながら、泥臭くダサい言葉が並んでいると感じます。でも、泥臭くて当たり前のことこそが真実であり、大切なことだと学びました。私自身、決して忘れないよう、日々自分を戒めています。
しんぶん赤旗
Language: ja
Pages:
Authors: 杉本宏之
Categories: Communism
Type: BOOK - Published: 2001-11 - Publisher:
Books about しんぶん赤旗
リアルイラストでスラスラわかる建築基準法
Language: ja
Pages: 135
Authors: ユーディーアイ確認検査
Categories: Communism
Type: BOOK - Published: 2018-07-23 - Publisher:
平成30年改正の建築基準法に完全対応!